テーマ:認識

アウリスライアーを作る3

8月18日 8:45~9:45 アウリスライアー23弦のペグ打ちをする アウリスライアーのペグは左回りにねじが切れているので、意識して回す必要がある。 T型調弦器を使ったほうがペグが直角に入りやすい。まっすぐ体重をかけられるからだ。 10:00~10:30 蜜蝋ワックスを2回塗る 8月19日 8:00    蜜蝋ワックスが乾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おりづるらんを描く

8月18日 16:00~16:50 3才の女児と「おりづるらん」を描く。 意識下の大きな意志を感じさせる絵である。 折鶴蘭も植木鉢もしっかりと内部から形が造形されている。 お空が画面からはみ出しているものであることを体験的に理解することは大変疲れることだった。「画面からはみ出していいよ」しかし、画面の内側から筆が動かない。手を添…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウリスライアーを作る 2

8月17日 17:00 アウリスライアーを作る 昨日11:00~12:00 13:00~18:00 のみで削り続け、表の外観が出来てきました。 これは私自身を外界から形作るものであるようです。これは意識・陽気であるようです。 本日9:00~12:00 14:00~17:00 60番、120番、240番、400番の紙やすりをかけ続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウリスライアーを作る

たいむあいえるでも、23弦ライアーを作り始めています。タイムでの作成と同時に私も作る経験をしたかったのです。アウリスライアーを作り始めて5台目になります。この形を削り出す作業の中に、私自身を形作るものを感じています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サティン入り江のなぞ」2

8月11日 「サティン入り江のなぞ」2 霊的合一インチュイション意識 1.感覚 懊悩がある。息子を殺されたナンおばあちゃん 2.行動 ナンおばあちゃんのアーノルド・ウェストに世話になる決心。 3.判断 ナンおばあちゃんのアーノルド・ウェストに世話になる毎日。 4.意志 自分のこれまでの行動と判断が自分自身の意志であったことを意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サティン入り江のなぞ

1992年にフィリパ・ピアスの「サティン入り江のなぞ」(高杉一郎訳 岩波書店刊)について私が書いた文章の一部である。 「サテン入江のなぞ」のナンおばあちゃんは、なんと深いカイロス・垂直の時間とクロノス・水平の時間を持っていることであろうか。 だからこそ、ナンおばあちゃんは、 (自分の長男を死に至らしめたのがアーノルド・ウェストだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参り

8月11日 母とともに父の墓にお参りする。 「お父さんは、写真にお花をあげる人もなく、いつもないがしろにされて…。いゃ、そうでもないか。」いつもの母と違う。「いや、そうでもないか。」の言葉は私は初めて聞いた。 「教会でお葬式をあげることはやめようかな…」「献体した方のお葬式の件で動揺しているのかい。」… 「教会であげないというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的合一インチュイション意識4

8月10日 「まぼろしの小さい犬」フィリパ・ピアス作猪熊葉子訳岩波書店刊 ピアスは創作ノートといえる文章の中で、まず、「一匹の犬を心の底から欲しがっている一人の少年と出会った」「私はその子の望みや考え、感情などを内側から知り始めた。」と書いています。 ビアスが次に見つけたのは、「すべての人が帰ってしまっても、一人で広大な草原をさま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的合一インチュイション意識3

8月10日 西隣の家との境と庭に大量に咲いたどくだみの花を取り払った。 「私の庭を浄化していたのだな。」と認識する。 植え木を切り、どくだみを取り払ったら、母が植えた小さな花が顔をのぞかせた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的合一インチュイション意識2

霊的合一インチュイション意識 私が書こうとしている小説の概要である。 1.感覚 懊悩がある。いくら考えてもぐるぐる思考が回るだけで決意が出来ない。 2.行動 とにかく自分を動かしてみようと決意する。 3.判断 行動が動き始めると判断の分岐に遭遇する。そこで選ぶ。 4.意志 自分のこれまでの行動と判断が自分自身の意志であったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊的合一インチュイション意識

8月7日 15:00~17:00 妻に両足の胆経・懸鐘、陽輔、光明と脾経三陰交をマッサージしてもらいながら、私は手の心経、小腸経、三焦経、心包経と、お腹の任脈、腎経、胃経を連絡するマッサージを行った。 大変疲れている状態だが、意識はしっかりして平静である。 「両親をショートステイに預けて、とりあえず大宮までの切符を買って汽車に乗っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑中見舞い

8月7日 茨木市の村田美菜子さんから暑中見舞いが届きました。 うれしい、勇気づけられました。みんなにシェアしたいと思います。 にじのはしは、大震災直後村田さんから頂いたものです。 子供たちの体は元気なのです。だから、福島の現場にいる人人はだまって生活しています。 元気の源は私たちの体にあります。意志・腎経にあります。 私たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑談

17:00~18:30 園長と雑談。 保育者に自分自身が子供たちと同じ歪み・障害を持っていることが自覚できなければ、子供たちの問題を子供たちと一緒に解決していくことが出来ません。 問題行動のほとんどすべては、自分が発見し認識したことを繰り返していることから起こります。自分と他者と環境を区別して構造を把握することが出来なくて、自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自力で起き上がれない高齢のご婦人のマッサージ

7月30日 自力で起き上がれない高齢のご婦人のマッサージ 2週間ぶりである。 マッサージ開始時の足の脛の周囲は38cm 足首は23cm。2週間前の状態を維持なさっている。 2時間マッサージ後の足の脛の周囲は35.5cm足首は22cm。 手、腹、足を結ぶマッサージを行う。 心包経、肺経、心経、三焦経、小腸経、大腸経、肩甲骨、肩甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご婦人のマッサージ

7月29日 ご婦人のマッサージ 足とお腹と手を結ぶマッサージを行う。 左手肺経、心包経の経筋の一部が黒くなっていることが分かるであろう。手のむくみの一部が取れた途中経過である。邪気が排出されて、正気の陰が皮膚の表面に浮き出で来ると黒くなる。 足のむくみが取れていく途中経過においてもこれは現れた。 足の脛の周囲は34cmまで縮まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨上がりの朝

7月27日 雨上がりの朝……、水は、やはり、命と体と物質の元である。 南に向かって立ち、背面に感覚するものは、北、水、腎経、H(羽音)、意志。 前面に感覚するものは、南、暖かさ(熱、火)、心経、A(徴音)、感覚。 左に感覚するものは、東、生命(木、上昇する力)、肝経、G(角音)(現在は)、又はFis音(2000年前は)、認識、又…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more