テーマ:子ども

絵具とクレヨン

7月21日 絵具とクレヨン イカは3回目の子4才、ユーモラスで腰がしっかりしている感じ。 おもとは1年生の女の子。自分に見えている色がだんだんはっきりしていく過程にあるのだろう。絵画教室のたびにしっかりしてきている。最後に「おもとさんへの自分の気持ちを素敵な色で描いてあげよう」と言ったら、イエローブラウンを選び、「もう一色あるかい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手と足

7月21日 兄妹と絵を描く 左手と左足を色鉛筆でなぞった後に、絵の具で彩色した。 皮膚のしわしわをなぞりながら絵筆を走らせた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら

学童の子供を指導して桜を描いた。 公園に行って桜の前に座り、「お空をどのように描こうか。」といったら、「ゆうやけにしたい」と言ってきた。 他の子がのぞきに来たら、恥ずかしがって自分の絵を隠そうとしてしまう。 桜の木の枝を先に描く。「幹のしたは太いからどーんと太く、お空に向ってだんだん細く、シュッーと描けるかな」 赤に黄色を混ぜた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵手紙

昨日、小学二年生の子どもからすいせんを描いた絵葉書をもらいました。 すいせんの絵はがきありがとう。 とてもすてきです。 おにわにすっくとさいたすいせんの気持ちが聞こえてきます。 お花がうれしそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育てサークルにて

今日月1回通っている子育て支援のグループの集まりがあった。 19年度の第1回目だ。 これまで来ていたお母さん方が新しい方を紹介してつれてきていた。 1.2歳児が14組。 ふゆべま     グロッケンでDとGの音を鳴らしながら鑑賞 ととけっこう    一人ひとりの子どもたちと うさぎさんが挨拶しながら たんぽぽ    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おへそのあな

おへそのあな 昨年は絵本の豊作の年だったと思う。 中でも、長谷川義史さんの発見はとても嬉しかった。 水彩で描かれた単純な絵なのだが、暖かく豊かなメッセージを送ってくれる。 彼ほど顔を描いている画家はいないだろう。 一人ひとりの人物は自分の感情を語る。 いとおしさ、信頼、集中と緊張、喜び、驚き、幸福、…… 「おへその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GREEN TO GREEN

「GREEN TO GREEN」駒形克己 ONE STROKE 1994年にこの作品に出会ったときにすがすがしい感動を覚えました。 色色な素材の紙が切り抜かれて重ねられている絵本。 簡潔で少ない言葉。 家のなかで暮らしていた猫が窓から見える外の景色に惹かれて、外に飛び出し、いろいろな動物に出会い、山のてっぺんに着き、大空と対面す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わだかまるこどもたち

「千葉さん、みんなで動こうとするときに、自分はこうしたいって頑固に動かない子になにをしていったらいいの。」 昨日受けた相談である。 この保育所では、これまでに、多動な子、手足の冷たい子、に日常の保育でなにをしていったらよいかを伝えてきた。わらべうた、マッサージ、絵画指導、と私が伝えていることを園長流に日常保育でこなしてきた。毎月子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回わらべうたであそぼう講座

第5回わらべうたであそぼう講座が終了した。 アンケートから…… はじめて、わらべうたの研修に参加しました。 歌にはきちんといみがあること、拍をきちんと伝えること。 たのしい時間となり、これから、また、現場で使って、子供たちと楽しい時間が作れたらいいなあ……と思いました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ボランティア養成講座

北会津で2会場60名の研修の講師に呼ばれた。幼稚園、保育所、学校などで読み聞かせのボランティアを行っていらっしゃる方々や、子どもの居場所をなさろうとされる方々、公民館の担当者などがおられた。 50代60代の女性が殆どであった。 「ととけっこう」「「たんぽぽ」「まあるくなあれ」「ずくぼんじょ」のあと、 あやしうた、あそばせうた、(ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージと保育

会津の保育所を尋ねた。 年長さんが「イワンのばか」の紙芝居を読んでもらっていたが、背筋をピンと伸ばして正座し、最後まで熱心に聴いていたことに驚いた。 食事のあと、年長さんにマッサージをしていると、年中さんが「わたしにもやって」といってきた。 ひとりひとりマッサージをする。 「えんやらもものき ももがなったらだれにやろ ひろえちゃ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おかあちゃんあそぼ!

おかあちゃんあそぼ! 飯野まきさく 福音館書店012 2006年6月号  久しぶりで充実した感性を持った絵本作家に出会った気がした。 いっしょにいるかばの親子を描いた絵本であるが、あかちゃんかばとおかあさんかばの表情がすばらしい。いっしょにいること、いっしょにあそぶこと、どろんこをたのしむこと、おみずのなかをたのしむこと、たべること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真っ直ぐに座れない子どもや、四つ這いになれない子供、体から力を抜くことができない子ども

子どもたちににんじんの絵を教えてきた。 年中(4才)の子どもたちである。 げんきでいきいきしたすばらしいものになった。 第1回が色作り、第2回がにんじんである。 各地で子どもたちと遊んだり絵を教えたりしているが、ことしのこどもたちはよく聴こえている。 私の言葉がよく子どもたちに届いている。 その保育所や幼稚園での保育の積み上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の喜び

幼稚園で子どもたちと遊んだ。15分づつ6クラスというハードスケジュールであったが、5月という時期であるにもかかわらず、子どもたちが集中してわらべうた遊びができたことはとてもうれしい限りだった。 昨年度1年間ほぼ毎月かかわった幼稚園であった。 昨年度の当初は一部の子どもが「見て見て!」という動きをしていたり、他動な子がいたり、私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100まんびきのねこ

ワンダ・ガアグの「100まんびきのねこ」は、絵本の評論によく引用され有名な絵本である。 しかし、18年子どもの本を扱いながらこの絵本と向き合うことがなかった。 現在絵本を紹介するサイトを作っているが、あらためてこの絵本と向き合わざるをえなかった。 むかし、あるところに、とても年取ったおじいさんとおばあさんがすんでいた。 ふた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色作り・ちゃんと座れない子どもたち

E保育園で年長の子どもたちに絵を教え始めた。 4月19日に第1回・たくさんのいろづくりを行った。 赤、青、黄色、白、の4つの色を混ぜ合わせてたくさんの色作りを行う。 姿勢は床によつばいになって描く。 赤、青、黄色、白、の単色4つ、二色の混合で6色、さらに、赤、青、黄色、白、を少しずつつけてこれまでの混色でてきた色に混ぜ、新しい混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔話と詩のこと

日本の昔話で良いものを教えて下さい。以前「しんぴんのあさ」で紹介されていた「てのひらむかしばなし」はどうでしょうか? 「パタポン」の詩集を買いました。「のはらうた」は、どういう点がすばらしいのですか? H 「てのひらむかしばなし」は、長谷川摂子さんの語り口でいいものだと思います。 本を選ぶ場合には、誰が書いたか、誰が編集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイケアセンターで

22日、郡山ライアーの会のメンバーで、デイケアセンターでお年寄り13人を前にしてライアーコンサートをしました。 プログラムは 第1部 春の歌  ライアー二重奏    1.どこかで春が  百田宗治作詞 草川 信作曲   2.故郷      作詞者不詳  岡野貞一作曲   3.おぼろ月夜   小学唱歌   4.早春賦    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たあんき ぽおんき たんころりん

写真はここ一ヶ月ほど私と子どもたちとのあそびの重要なアイテムとなっている小道具である。 「たあんき ぽおんき たんころりん」は一月に福音館書店から限定復刊された。 長谷川摂子さんの詩は、韻がふまれ、リズムが呼吸しており、音のひひきが不思議な空間を作っている。 ある自閉症の子どもがこの詩を聴いてパニックを起こしかけたことは前にこのブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲正雄講座

3月4日の講演会は22名、3月5日のライアー講座は13名の参加で楽しみました。 「聴くことの教育」というテーマで行われたこの講座で、仲さんは、日常の当たり前と思われてしまう五感が、私たちの意識の基礎となっていることを語られました。 「忘れる」ということは、古語では「和する」「輪する」であったという言葉が深く残りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間はつながっているからね………

幼稚園で遊ぶ。年中と年長が一緒に35名で一時間遊ぶ。 「ととけっこう」で挨拶した後絵本を3冊読む。 「まりーちゃんとひつじ」フランソワーズ岩波書店 「おおきなのはら」ジョン・ラングスタッフ光村教育図書 「もりのひなまつり」こいでやすこ福音館書店。 「まりーちゃんとひつじ」を読んでいるあいだにK君の様子が少しおかしくなった。 先生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月25日

5月25日午前、学童の子どもたち10人と一時間30分遊ぶ。 わらべうたあそび、「ととけっこう」「まあるくなあれ」「ずくぼんじょ」「いちばちとまった」「ほうずきばあさん」 羊毛による彫刻をつかって人形劇 「はなをくんくん」 「いもにんじん」 「しんわりたんわり」 わらべうたあそび、「まあるくなあれ」「いちばちとまった」「からす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K君

会津の幼稚園で子どもたちと遊んだ。 「ととけっこう」のあとに、絵本を2冊読んだ。 「たんきぽんきたんころりん」福音館書店と「まりーちゃんとひつじ」岩波書店の2冊だ。 「たんきぽんきたんころりん」を読んでいる途中で自閉症を持っているK君の様子が変になった。 体を二つに折っておなかを押さえている。 先生が寄っていったので、私は「背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わらべうたであそぼう講座

47名が参加し知念先生の「わらべうたであそぼう講座」が郡山で開かれた。 今年で第3回になる。 1回目より2回目、2回目より3回目と、参加している人が遊び上手になっている。 やはり、何度も参加することが大事だ。 粘り強く講座を続けていきましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先生方とともに

2月13日いわきの幼稚園で先生方の研修をした。 2005年度はほぼ毎月のペースでわらべうたの研修を続けてきた。 また、子どもたちとは毎月遊んできた。 2月になって子どもたちの様子が大きく変化してきた。 私のわらべうたを子どもたちがワクワクとまっている様子がはっきりしてきたのだ。 2才児、年少組、年中組、年長組、7クラスを1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽器の力

2月8日、会津の保育所で3人の子どもを診た。 A君3才、頭がよくよくわきまえた子供だが、怒ると自分を抑えられなくなる。 手と足を触ってみると、少し冷たい。 手指も足指も、どの第2関節を触ってもしこりがある。 腰を回すと大変硬い。 先生の膝枕にA君の頭をのせて、静的フォルム治療をする。 腰が大変悪い、膝関節に水がたまりそうな気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜び

今日は福島の無認可保育所を二箇所回った。 最初の保育所は、みんなでそりすべりに出かけていた。 私もそりすべりの場所に行ってみた。みんな元気に遊んでいる。 帰り道、いつも遊びの中で私や先生を独占しようとする3才の女の子Mが私の手を握ってきた。 「えんやらもものき」を歌いながら帰る。「今度はA君」「今度はNちゃん」名前を変えながら歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郡山ライアーの会・1月の例会

 2006年最初の集まりです。前回同様麓山の共用駐車場がとても混んでいて、開始が遅れました。  今回は小さな打楽器をいろいろ使いました。  ひとり一音ずつ、前の人が鳴らした音が完全に消えたなと思ったら自分の音を鳴らす、というのを回していきましたが、これは結構集中します。 また、減衰していく音をずっと追いかけて聴いている内に、どこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かもさんⅡ

23日、かもの彫塑に色を塗った。 「あか、あお、き、しろ」の4色で色を造り塗る。 3人ずつ先生とふたりで教える。 年中さん〈4~5才)であるが、みんな、私のお話をよく聴いて動ける。 20人を7回に分け、10時10分に始め、11時20分に終了した。 先生と子供の信頼関係が確立されており、子供たちが自分の体の鼓動を聴いて楽しいと感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージ・フォルム治療

18日、19日の2日間で、20人の子供たちの体をマッサージ・静的フォルム治療した。 会津のある保育所では、先生方がマッサージの大切さに気付いていて、月1回訪問するたびに子供たちのことについて相談されるようになっている。 昨日は、年度末も近いことであり、気になる子をみんな見て欲しいという事だった。 その保育園では、プレイルームの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more