テーマ:児童文学

おやすみなさいのほん

8月27日 障害児のデイセンターにて 10:00~12:00 就学前の子供たち4名 1 絵本 おやすみなさいのほん ワイズ・ブラウン文 ジャンシャーロー絵  ペンタトングロッケン 2 たんぽぽ ペンタトングロッケン 3 ととけっこう 羊手人形 4 しゃぼんだま タオ調弦アウリスライアー          ゴング(Fis,A)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サティン入り江のなぞ」2

8月11日 「サティン入り江のなぞ」2 霊的合一インチュイション意識 1.感覚 懊悩がある。息子を殺されたナンおばあちゃん 2.行動 ナンおばあちゃんのアーノルド・ウェストに世話になる決心。 3.判断 ナンおばあちゃんのアーノルド・ウェストに世話になる毎日。 4.意志 自分のこれまでの行動と判断が自分自身の意志であったことを意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サティン入り江のなぞ

1992年にフィリパ・ピアスの「サティン入り江のなぞ」(高杉一郎訳 岩波書店刊)について私が書いた文章の一部である。 「サテン入江のなぞ」のナンおばあちゃんは、なんと深いカイロス・垂直の時間とクロノス・水平の時間を持っていることであろうか。 だからこそ、ナンおばあちゃんは、 (自分の長男を死に至らしめたのがアーノルド・ウェストだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more