テーマ:絵本

6月5日 伊藤忠財団の本を学校に届ける。

6月5日 伊藤忠財団の本を学校に届ける。 低学年用の絵本100冊を須賀川市の小学校に届けることになり、学校を訪問しました。 6年生の図書委員に、「だるまちゃんと天狗ちゃん」加古里子の絵本を読み、絵本を渡してきました。 「この絵本は、自分で声を出して読むといいし、低学年の子に読んであげるといいね。」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦太郎

「よいしょ」の絵本に出合ったのは、今年の6月に働く自動車の雑誌の編集をしていらっしゃる方から働く自動車の絵本のご注文を受けたときだった。その方の選んだ絵本にはとてもひかれるものがあった。 特に注目したのが三浦太郎の 「よいしょ」 「とどくかな」 「まかせとけ」 (偕成社)の3冊である。 ダンプカーが つちを はこんできました  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お母さんがすぐにうたえる12のねかせうたえほん

「日本の子守唄は、大きく二つに分かれる。ひとつは、むかし、他家に奉公に出された子守娘たちが、望郷の思いをこめてうたったもの。もうひとつは、母や祖母たちが、わが子やわが孫への愛を込めてうたったものである。」と小林衛己子さんは書かれている。 わたしも、20年間そのように考え続けてきた。 なぜ、子守唄というと、悲しく、苦しい思いへの共感を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはようからおやすみまでの12のわらべうたえほん

昨年11月、小林衛己子さんが郡山市でわらべうた講座をもたれた。 そのときに、「わたし、ハッピーオウル社から新しく3冊わらべうたの本を出すんです。」とおっしゃっておられた。 これらの絵本を見て、是非たくさんのお母さん方に紹介したいなと思った。 わたしも19年にわたってわらべうた保育と関係してきたが、わたしが普段に子どもたちと使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おへそのあな

おへそのあな 昨年は絵本の豊作の年だったと思う。 中でも、長谷川義史さんの発見はとても嬉しかった。 水彩で描かれた単純な絵なのだが、暖かく豊かなメッセージを送ってくれる。 彼ほど顔を描いている画家はいないだろう。 一人ひとりの人物は自分の感情を語る。 いとおしさ、信頼、集中と緊張、喜び、驚き、幸福、…… 「おへその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあちゃんとこどもたち

今日は、会津の山奥の保育所でこどもたちとおばあちゃんたちと、遊んできました。 子どもたちが11人、おばあちゃんたちが10人、なんとも贅沢な時間でした。 わらべうたあそび 「ととけっこう」うさぎさんとあいさつ、そのあとあくしゅ。 「たんぽぽ」お手手を前に出してたんぽぽのわたげをみたててフーと吹く。        絹の布をおばあち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽器遊び・会津にて

会津の小さな幼稚園で年中年長混合で子どもたち10人と遊んだ。 わらべうたあそび 「ととけっこう」 「まあるくなあれ、まあるくなあれ、いちにのさん(おおきくなあれ・ちいさくなあれ」 「ずくぼんじょ」 「とんびとんび わをまわせ」 「うちのせんだんのき」 「ほうずきばあさん」 床に座って楽器遊び 「小鳥が2羽眠っています」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GREEN TO GREEN

「GREEN TO GREEN」駒形克己 ONE STROKE 1994年にこの作品に出会ったときにすがすがしい感動を覚えました。 色色な素材の紙が切り抜かれて重ねられている絵本。 簡潔で少ない言葉。 家のなかで暮らしていた猫が窓から見える外の景色に惹かれて、外に飛び出し、いろいろな動物に出会い、山のてっぺんに着き、大空と対面す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライアーの会福島

福島市でライアーを学ぶ人たちを指導し始めて4ヶ月になる。 昨日は4人のメンバーで行った。 ●胎児の状態から頭を立てて立ち上がるまでの体験 ●母音IAOのオィリュトミー ■ひざにライアーを置いてグリッサンド、ひとつの音を弾く、二つの音を弾く。 ■赤ちゃんを抱く形でライアーを構える。グリッサンド、ひとつの音を弾く、二つの音を弾く。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

言葉と楽器

障害児デイケアセンターで子どもたちと遊んだ。 症状の比較的深いダウン症と自閉症の子どもたち(年中~2年生)7人。 今日は一斉の課業から始める。 ①いいきもち(ひぐちみちこさく こぐま社) グロッケンの弾き語り ②グロッケン遊び ③たんぽぽ ④ここはてっくび ⑤まあるくなあれまあるくなあれ1.2.3(おおきくなれ、ちいさくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかあちゃんあそぼ!

おかあちゃんあそぼ! 飯野まきさく 福音館書店012 2006年6月号  久しぶりで充実した感性を持った絵本作家に出会った気がした。 いっしょにいるかばの親子を描いた絵本であるが、あかちゃんかばとおかあさんかばの表情がすばらしい。いっしょにいること、いっしょにあそぶこと、どろんこをたのしむこと、おみずのなかをたのしむこと、たべること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おーいおーい

おーいおーい さとうわきこさく 福音館書店 600円 障害を持っているこのためのデイケアセンターで、2.3歳の子どもたちのために読んだ。 あかちゃんが外の世界に向かって呼びかける。「おーいおーい」 すると、かぼちゃが、おいもが、たまごが、いすが、でんわが、たいこが、へんじをする。 「ぼちゃぼちゃどすどす」「やきいもほこほこぽわっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わにわにのおおけが

わにわにのおおけが 物語の絵本 読んであげるならば2才半~ 小風さち ぶん 山口マオ え こどものとも年少版2006年7月号 福音館書店 410円 「わにわにのおふろ」2000年6月年少版こどものとも以来、私は小風さんと山口さんの大ファンである。 なんとグロテスクなわにわにだろう、でも、これはたしかに私自身の像の一部である。 ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわり

ひまわり 基本絵本・物語の絵本 和歌山静子作 福音館書店 780円税込み 地面に落ちたひまわりのちいさなたねが、「どんどこどんどこ」と大きくなります。 おひさまのしたで、くもがでても、あめがふっても、かぜがふいても、おつきさまとおほしさまのしたで、……どんどこどんどこ つぼみが咲いて、おおきくなって、もっとおおきくなって、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100まんびきのねこ

ワンダ・ガアグの「100まんびきのねこ」は、絵本の評論によく引用され有名な絵本である。 しかし、18年子どもの本を扱いながらこの絵本と向き合うことがなかった。 現在絵本を紹介するサイトを作っているが、あらためてこの絵本と向き合わざるをえなかった。 むかし、あるところに、とても年取ったおじいさんとおばあさんがすんでいた。 ふた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔話と詩のこと

日本の昔話で良いものを教えて下さい。以前「しんぴんのあさ」で紹介されていた「てのひらむかしばなし」はどうでしょうか? 「パタポン」の詩集を買いました。「のはらうた」は、どういう点がすばらしいのですか? H 「てのひらむかしばなし」は、長谷川摂子さんの語り口でいいものだと思います。 本を選ぶ場合には、誰が書いたか、誰が編集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more