こどもとともに

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月15日 障害児のデイサービスにて

<<   作成日時 : 2017/02/20 19:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像2月15日 障害児のデイサービスにて
10:30〜10:50  3才2名 5才
1 ととけっこう(うさぎの手人形)
2 絵本「だるまさんの」かがくい ひろし ブロンズ新社
3 プリムライアー(E',A') 「たんぽぽ」をうたいながら。
4 おてだま 「ぺったらぺったん」
5「めんめんすうすう」
6 おひざにだっこ うまはとしとし ぎっこんばっこん だるまさん
7 さよならあんころもち
 
10:50〜11:10  5才 3名
1 ととけっこう(羊の手人形)
2 プリムライアー(G,A',B',D') 呼びかけと答えで千葉と自由演奏
3 絵本 「もこもこもこ」 谷川俊太郎・元永定正 文研出版
4 おでこさんをまいて
5 おてだま 「ぺったらぺったん」
6 「おおきくなれ ちいさくなれ」「ずくぼんじょ」
7 おひざにだっこ 「うまはとしとし」「ぎっこんばっこん」「だるまさん」 
8 さよならあんころもち
 
11:20〜12:30 6名
マッサージ 一人ずつマッサージ

手首を握りながら手や背中お腹、頭、首、のマッサージが進みました。
統合障害の治療が進み始めたと感じます。子どもたちは、「先生と行う「遊び」を常に楽しめるようになった」という変化をしめしてきました。
これは、「心経・感覚」と「肺経・判断」の関係が楽になり成長したことを示すのでしょう。
「感覚」がいっぱいにあふれかえり、それを整理する「判断」が追いつきませんと、自分の感覚そのものを否定するということが起こります。子どもたちの「僕を見て」と言っているように見える行動も、子どもにも大人にもみられる余計な自我意識も、この「自己感覚の否定」から起こるのだと思われます。

年少の子どもたちの肺経・判断、心経・感覚、から、統合障害と視覚障害と老衰と罪と支配と悪と論理と思考と序列と座標と絶望と驚と恐怖と遡行と昏冥と波動霊(エーテル、アストラル、自我、霊我、生命霊、霊人)が排出され、私はとても楽になりました。
年長の子どもたちの肺経・判断、隠蹻脈・個体感覚から、怒りと神経症と脳性麻痺と視覚障害と老衰と罪と支配と悪と論理と思考と序列と座標と絶望と驚と恐怖と遡行と昏冥と意識霊(尻、月、北極星、)が排出されました。すると、個々の遊びをする喜びが脳の意識まで上がってきて、とてもうれしい表情をしてくれるようになりました。

私と先生方の方の三焦経・記憶と肺経・から、苦しみと視覚障害と脳性麻痺と老衰と罪と支配と悪と論理と思考と序列と座標と絶望と驚と恐怖と遡行と昏冥と聖霊とサットヴァが排出され、空・三焦経・記憶から苦しみとリューマチと虚空と老衰と罪と支配と悪と論理と思考と序列と座標と絶望と驚と恐怖と遡行と昏冥と全波動霊とハデスが排出されました。
画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月15日 障害児のデイサービスにて こどもとともに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる