雑談

画像17:00~18:30
園長と雑談。
保育者に自分自身が子供たちと同じ歪み・障害を持っていることが自覚できなければ、子供たちの問題を子供たちと一緒に解決していくことが出来ません。
問題行動のほとんどすべては、自分が発見し認識したことを繰り返していることから起こります。自分と他者と環境を区別して構造を把握することが出来なくて、自分で囲い込むことから起こります。これが自我なのです。
みんな、他者にたくさんのことをしてあげたいいい子供です。しかし、それを他者にさせようとし、自分にさせようとします。
春夏は意識が緊張し、ハイテンションになり攻撃的になります。秋冬には自分が起こしてしまった人間関係に気が付き自分で自分の体を傷つけてしまいます。
これは、人間そのものではありませんか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック