おりづるらんを描く

画像8月18日 16:00~16:50
3才の女児と「おりづるらん」を描く。
意識下の大きな意志を感じさせる絵である。
折鶴蘭も植木鉢もしっかりと内部から形が造形されている。
お空が画面からはみ出しているものであることを体験的に理解することは大変疲れることだった。「画面からはみ出していいよ」しかし、画面の内側から筆が動かない。手を添えると少し動く、そして「つかれた」。
植木鉢は上部のふちを横線でとらえ、真ん中から根っこに見立てて下方に向かって直線を引き、それから外に向かって直線を並べ植木鉢の外形を形成する。「なんで、植木鉢の下を描かないの?」「植木鉢の下を描くのはまだむずかしいからさ」
葉っぱを描くときには、どの子にも折鶴蘭のそばまで来て葉っぱに触れながら自分がどの葉っぱを描きたいか意識化させているが、彼女は折鶴蘭になかなか触れなかった。
最後に、「上手に描けたねえ」とほめると、にこにこの笑顔が起きた。
おお、疲れたけれど、自分にうれしい、上手に出来たという感情と記憶は起きている。よかったよかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック